出品価格の変更の時に便利な方法

皆さんお疲れ様です、キャンサーです。

既にアマゾンで販売されている方はご存知かと思いますが、

これから取り組まれようと考えている方にも、

私がやっている方法で便利だと思うやり方があるので

色々な方法がある中の一つですが

ご参考になればという事で書いていきます

販売価格の改定

現在は滅多にしなくなりましたが

(以前は結構していたかも)

やっぱり付きものですよね、

価格改定は・・・

ほとんどが値下げするパターンですが、

たまに値上げ出来る時もあります、

せどりを始めたときにはエクセルに商品名やASINなど

必要だと思う項目を張っていたのですが、

商品が増えて来ますと流石に面倒になり、

価格管理ソフトを購入してやっていました、

まあ、Amazonと同期するので入力の手間は省けたのですが、

価格改定の際に最も必要な要素、

仕入れ価格なんですよね。

仕入れ価格の確認に手間がかかる!

エクセルにしても管理ソフトにしても、

価格改定の際には同時に立ち上げておいて、

見直そうかと思った商品のASINコードを入力して、

それでやっと商品と仕入れ価格を調べて、

見直すという手順なんですよね、

Amazonの在庫管理の欄に仕入れ価格があれば、

すぐにできるのに、

私がやり方を知らないだけかもしれませんが、

取り敢えず調べても、

見つかられなかったんですよね・・・

もっと便利な方法はないものか?

それで色々模索をしていたんですが、

ある時別な事を調べているときに、

あれ、ひょっとしてこれでいけるんじゃない?

という方法を見つけました、

そのやり方で今もやっていますが、

大層便利ですので

おススメしますね。

アマゾンセラーセントラルの在庫管理画面の右上に、

設定というボタンがあるんですが、

このボタンです

それで多分設定の項目を全部使わないと思うんですよね、

まあ、全部使っているとか

この項目を本来の目的で使用している場合は

ちょっと無理なのですが、

私の場合は使っていない項目に「下限の設定」

というのがあり、

ここに仕入れ価格を入れれば、

一々管理ソフトにASINとか入力して、

商品の検索をしなくても出来るのでは無いかと思い、

やってみたんですよ、

全然問題なく使えます

価格改定も同じページで確認できるので、

とても便利だと思います(思ってます)

ただ、同期していないので出品するときに入力しなければならない事と、

損切りとかで・・・泣

下限以下で販売価格を改定した場合

出品が取り消されることくらいですね、

その時にはすぐにAmazonから

メールが届くのでわかりますから、

出品金額か下限金額を訂正して再出品すれば問題ないです

まあ、もっといい方法が有るかも知れませんが、

取り敢えず私としては便利に使っています、

ご参考になれば幸いです。

それでは、また次回です。

これが売れました!

安かったので何枚か仕入れた分の最後の1枚でしたが売れてくれました。

アマゾンページの下のほうにある

この商品を買った人はこんな商品も買っています

の コーナーもチェックしてみて下さいね!

意外な掘り出し物が見つかるかも。

今週の人気記事

まだデータがありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする