プロフィール

はじめまして、cancer(キャンサー)と申します。

ちょっと話が長くなりますがご興味あればどうかご一読ください。

私は以前小さな会社を経営しておりました、多い時で社員10人程です、

平成8年から始め、平成25年に閉鎖するまで山あり谷ありでしたが、

取り敢えず大きなトラブルもなく会社を閉めることが出来ました。

それ以前は普通にサラリーマンをしており、

独立するつもりは全くありませんでしたが、

そんなことには関係なく、会社の風向きが変わりだします、

それがサラリーマンの宿命でしょうが。

ある大手メーカーの販社に勤めていたのですが、

本社がフランチャイズや代理店の吸収を始めました、

何故?

まあ色々な憶測が流れましたが、

それは粛々と進められ外堀は埋め尽くされました、

残るは我社ともう1社の販社のみです、

経営陣は結託して抵抗しようとしていましたが、

なんと、1番手の会社のほうが先に折れてしまったのです、

で、最後に残った我社も止む無く吸収されることとなりました、

一応残った社員、取引先、業務など今まで通り引き継ぐ条件だったので、

社員も仕方がないよね、という感じでした。

まあ、ここまでは良くある話ですが、

とうとう契約の日が来て、

本社のお偉いさんが最終の契約を交わしにやってきました、

皆、感慨深くなるであろう1日を予感しておりました。

ところがものの10分も経たないうちに、

社長が追い返してしまったのです・・・

社員一同は え、どうしたの?とあっけに取られましたが、

後から聞いた話では社長が土壇場で金額面での条件を跳ね上げたらしく、

それで話が流れたとか(まあ、噂ですので真偽は定かではないですが)

それから泥沼の関係が続き、

結局半年後くらいには吸収されるのですが、

社員は誰一人残れず全員解雇となりました。

それからわずかながらも退職金と失業手当が確か8ヶ月位もらえたので、

次の仕事を模索しておりました、

結構な条件で声を掛けて下さる会社もありましたが、

「もう、人の都合で人生を振り回されたくない」

この思いで独立することとしました。

すいません、飽きてきましたか?

もう少しお付き合いください。

独立したはいいのですが、

ここから山あり谷ありの経営が続きます、

経営が順調ならば問題ないのでしょうが、

とにかく、今月乗り切ったと思ったら、

すぐに次の支払いが来る、

入金日は来るのが遅いんですが、

支払日はすぐなんですよね(同じ時間なんですけどね)

特に人件費です、

これが1番ですかね、

いつしかこう考えだすようになりました、

「細々とでもいいから、1人でやっていけないか」

私のように特に職人のような技術や、特別なスキルもなくても・・・

それからですね、

ネットビジネスの事を知り、色々調べ始めたのは、

もう、これしかない。

それから仕事の合間や、時間を作っては色々取り組んでみました、

高額塾に入ったり、セミナーに行ったり、様々な教材を購入してみたり、

いわゆる教材コレクターですね・・・笑

しかし挫折の連続で結果には結びつきませんでした。

ここから展開が変わりますのでもう少しお付き合いを

それから取り敢えず紆余曲折しながらも、

当時流行っていた「新品ゲームせどり」に取り組み始めました。

当時ネット上では新品ゲームせどりで、

開始〇ヶ月で数百万稼ぎました、とかそのノウハウをナンチャラとか、

そんなので溢れていました。

ゲームの事は昔ドラクエや信長をやった程度で、

あとは子供の付き合いでする位でしたので、

全くと言っていい程知識はありませんでした、

しかしもう教材は買わないようにしていましたので、

無料レポート頼りで取り組みだしました、

まあ最初は何が何やらわからずに売り場にいましたが、

段々要領がわかり始めてきたとき、

「あることに気付きました」

それからは仕入れがどんどん出来るようになり、

月商も50万程になってきて、これからという時、

病気が発覚しました。

またまた新展開

まあ 以前から体に違和感を感じていて、

疲れから来ているものだと思い込むようにしてきたんですが、

いよいよ体調が悪くなり、

いつもの個人病院の内科へ、

そして検査の結果・・・ドキドキ

先生「うちでは診れないから、良い先生紹介するからすぐ行って」

グッ まずいか・・・

翌日、紹介状もってその病院へ、

中堅の総合病院でそこの院長でした、

色々検査したのですが、殆ど待ち無しスムーズです、

逆に嫌な感じ・・・

で 予感はしていたんですが、

大腸がんで肝臓に転移3ヶ所(後で聞きましたが末期ステージ4でした)

素人目にもわかる位大腸カメラの映像は、

腫瘍で塞がっていました、

なんか他人事のようにフ~ンて感じで聞いていましたね、

翌日、妻と改めて話を聞き、即入院

5日後には緊急手術しました。

私からは特に何もありませんでしたがお任せしますという感じでした、

もうまな板の上の鯉状態です・・・ハハ

ただ1つストーマは何とか避けて下さいという事だけはお願いしましたね、

ストーマすなわち人工肛門です、

先生曰く長さがギリギリだから努力はするけど、

麻酔から醒めた時ストーマだったらごめんね、と言っていたんですが・・・

いよいよ手術が始まり、

本人麻酔で寝てましたが3時間ほどでその手術は終わり、

取り敢えずがんの摘出手術も上手くいきストーマも避けらることが出来ました。

取り敢えず良かった、

今後は治療をしながら様子をみて、今度は肝臓を手術する予定でした、

しかし翌日低確率で起きる合併症「腹膜炎」を発症

また緊急手術、今度は12時間かかったそうです、おお

これで死にかけました(後から聞いた話では50:50だったそうです)

術後も痛いのなんの、生死よりも痛みで思考力は皆無

1週間くらいはそんな状態でしたね、

だけど先生は「そんなに痛いかい」みたいな感じなんですよね。

そしてある程度の話が聴ける状態になったとき告げられたのが、

ストーマを付けざるを得なかったこと、

暫くは見ることも出来ませんでした、

現在は慣れましたけどね。

そして約2か月半後に何とか退院

退院後からは事情が変わりましたので会社を閉めることにも、

大きな問題もなく進めることが出来ました、、

年明けて3月にその年度の決算を終えて閉鎖いたしました。

そしてその夏には今度は肝臓にあるがんの摘出手術

成功したとは言っているが話を聞くと、どうも歯切れが悪い

とにかく病理検査とやらをしているので

その結果を待ちましょうという事に・・・

そして検査結果が出て来ました、

先生は予想していたんでしょうけど、

3個中2個は摘出しました、

しかし残る1個が深い場所にあり、

体力も落ちていた事から限界までは切ったとの事でしたが、

残ってしまった可能性が有った、

それが検査結果で確定しました、

歯切れの悪さはこれでした・・・

まあそんな感じで今はがんが大きくならずに且つ転移しないよう、

治療を続けているというわけです。

取り敢えずは生き延びたので、現在も抗がん剤治療を続けながらも、

1年ちょっと前から電脳をメインとしたせどりをまったりとしております、

ブランクが3年近くあったのでどうかと思いましたが、

古本以外のメディア系ばかりですけれども

あの時の気付きはなんとか通用するものですね、

本当は店舗せどりも面白いのですが、

現在はなかなかアクティブに動けませんので・・・

私はメディア系ですが、あらゆるジャンルに通用する考え方だと思います、

今後はその手法やせどりをメインにしたネットビジネスについて、

自分のわかる範囲ではありますが、ご紹介していきたいと思います。

たまに病気関連とかも

それでは長々とお付き合いありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする