新品雑誌せどり

皆さんお疲れ様です、キャンサーです。

ちょっと前の話なのですが、

アマゾンにおいて

雑誌を新品で出品するのがOKになりました、

まあ、アマゾン側ではOKというより関知しません

という事なんですが、

以前はお決まりの流通ルートからの出品以外は、

「中古ほぼ新品」で出品することになっていました、

まあ、無視してるのかわかっていないのか、

多分本屋から買ってきて新品で出しているんだろうな~

なんて出品者もいましたが(推測ですがね)

で、しばらく様子を見ていたんですが・・・

あまり盛り上がっていないような

以前は、といっても何年も前ですが、

雑誌せどりがブームになってた時があったんですよ、

中古の雑誌はせどりやすいと、

今でも多くの本セドラーの方は言ってますよね、

まあ、かくいう私も雑誌せどりがブームの時に、

教材を買ったの・・・止めました(笑

本せどりが苦手だったので、

それでも手を出す寸前でしたが、

ゲームが好調だったので良いかなと、

ただ、ツタヤとか行ったとき一緒に仕入れ出来るな、

なんて思っていたもので、

それで当時私的に抱いていたイメージが

メリット

・仕入れ出来るところが豊富(コンビニもOKですから)

・仕入れ値が安い

・それこそ大漁になる

・出品が楽

・雑誌だから増刷がない

etc

デメリット

・新品だが中古ほぼ新品で出品しなければならない

・狙いが外れたら損切りの山(まあ、せどり全般ですが)

・基本プレ狙い(私が余り好きではないので)

・寝かせなければならない

etc

というくらいデメリットが少ないんです、

最もデメリットである新品で出品できない、

ここが緩和されたんですけどね。

雑誌せどりブーム再到来か?

こんなこともあるんじゃないかと、

思っていたんですが、

あまり新品雑誌せどりの話が出てないですね、

まあ、前述のとおりアマゾンが認めたわけでは無く、

関知しませんという事ですから、

出版社サイドから何か言ってきたら、

自分たちで対処して下さいということなんでしょう、

でも、出版社サイドは売れればOKでしょうし、

いちいち細かいことで揉めたくは無いでしょうから、

大事にはならないと思うのですが、

まあ、セラーからすると怖かったのはアマゾンで、

アップルやマイクロソフトなんかの、

著作権や商標権を侵害するみたいな怖い話では

無いですから(そんなのは出品自体出来ませんが)

日本の出版社とかなら穏便に進めれそうなんですが・・・

簡単で儲かるみたいですよ

当時新品雑誌せどりが流行ったときは、

コツさえつかめば簡単に仕入れができるらしく、

・付録

・人気のある芸能人が出ている

・雑誌に滅多に出ない人が出る

・アニメやゲームも同様の感じで

etc

みたいなことを言っていたような・・・

一度コツをつかむとどのジャンルでもいけると、

色々なジャンルで雑誌は出版されますから、

とにかく簡単で楽だと、

ただ、店頭やネット上から商品が無くなってから、

売れだすので少し寝かせる必要はあるみたいです、

それでも買い損ねた人はプレ値でも、

取り敢えずは買ってくれるようで、

面白そうだとは思っていたんですよ、

最終的には手を出しませんでしたが・・・

今回本屋さん等から買ってきて「新品」

出品できるようになったので、

この恩恵は大きいと思うのですが、

雑誌に詳しい人は挑んでみては?

私は取り敢えず静観しますが。

それでは、また次回です。