中古が改めて見直されるか?

皆さんお疲れ様です、キャンサーです。

先日アマゾンの新品出品の規制について

書きましたが

まあ、今更言われなくてもわかるよ

と、いう言葉が聞こえそうですが

改めて新品と中古の比較をしようかと思います、

おさらいと思ってお付き合いください、

取り敢えず店舗、電脳の隔ては無しという事で

考えてみます。

新品のメリットとデメリット

まず主に私がメディア系なので

その観点によるものが大きいという事を

前置きさせていただきます。

新品メリット

・出品が楽

・評価をもらえやすいし悪評価が付きづらい

・商品の回転が速い

・縦積み商品を見つけると大きな売り上げを取れる可能性が有る

新品デメリット

・仕入れ値が高い事が多い

価格競争になりやすい(カートの取り合い)

・商品の選定に失敗すると損失が大きい

こんな感じの所に今回の規制(アマゾン販売の場合)

個人からの購入品は新品であっても中古でしか出品できない

アマゾンから購入したものはアマゾン出品できない

(これは抜け道ありそうですが・・)

新品がデメリット多いような気もしますね。

中古のメリットとデメリット

中古のメリット

・価格競争に巻き込まれにくい

・仕入れ出来るものがいつでもある

仕入れ値が安い

利益率が高い

今回の規制でグッときたのが

・アマゾンで仕入れたものでもアマゾン出品が出来る

(今までは当たり前に出来たのでメリット、デメリット

云々の対象ではなかった)

中古のデメリット

出品に手間が掛かる

・回転が遅い

・商品状態が人によって受け取り方が違う

(この点がちょっと難しいかもです)

まだ人それぞれあるでしょうが

ザックリとこんな感じでしょうか?

私はショップ仕入れが大半で

アマゾンの刈り取りは少ないのですが

中古だと刈り取れそうなのが

沢山ありますね。

特に古本は良くありますね

私も新品メインの時は

中古というものに対して

あまりいい印象が無かったので

ほとんどしていませんでしたが

現在はほとんど中古です

どちらも一長一短がありますので

これがいいですよ!

とは、言えませんが

中古も慣れるとそんなに

面倒では無いですよ

新品オンリーの方とか一度

試してみたらいいかもです、

意外とこんなに楽だったんだと思うかも

知れませんよ

中古にはほとんど出品規制とか

掛かっていませんし、

ミュージックカテゴリーの出品規制は

早く解いてほしいですが、

これは中古とか新品以前の話ですから

小資金でも始めやすいカテゴリーなので

初心者の方とか取り組みやすいかと思いますのでね。

まあ、この機会に中古も試してみることを

おススメします。

私のレポートも参考になると思いますので

お気軽にダウンロードして下さいね。

それでは、また次回です。