アマゾンポイントが強制導入!?

 

皆さんお疲れ様です、キャンサーです。

 

今回はニュースにもなっていたのでご存知の方も多いと思いますが

アマゾンのポイントについて書こうと思います

 

アマゾンポイントの今まで

 

セラーの方はご存知だと思いますが

アマゾンの出品者ページを見ていると

出品されている店舗によって

ポイントが付いている所とそうでない所があります

 

これはポイントを付加する事ができる出品者は

大口出品者であることが一つの条件となっていて

そのためポイントを付けている出品者が分かれていたんですね

 

さらに大口出品者によってはそれぞれの考え方によって

ポイントを付けている出品者と付けていない出品者に分かれます

 

これはアマゾンがポイントの付加は出品者の判断

そして付けるポイント数も出品者の裁量任せだったからなんですね

でも一応付けれるポイントの上限は50%以下だったと思います

 

私の場合は付けていません

どちらかと言うとポイントよりも1円でも安くという方向ですね

 

ポイントのメリットはカートが取りやすい(と、言われています)

ライバルに価格がバレにくい等(バレますけどね)ですが

私の場合は中古なのであまり関係が無いんですよね

 

以前は新品メインでしたが現在は中古メインです

ちょっと趣旨とは違いますが以前の記事ですのでよろしければ

中古が改めて見直されるか?/せどりというネット通販
皆さんお疲れ様です、キャンサーです。 先日アマゾンの新品出品の規制について 書きましたが まあ、今更言われなくてもわかるよ と、いう言葉が聞こえそうですが 改めて新品と中古の比較をしようかと思います、 おさらいと思ってお付き合いください、 取り敢えず店舗、電脳の隔ては無しという事で 考えてみます。 新...

 

 

それよりも価格が安い方が良いように思えます

この辺は人それぞれですので何とも言えませんが

私的にはその方向でやってきました

 

 

アマゾンポイント自動導入

 

ところが5月23日以降、大口小口出品を問わず全出品者

最低1%以上のポイントを付けるとの事

 

え~え~全然かまいませんよ

アマゾンの負担でポイントを付けるなら

大歓迎、ウェルカムです!

 

ところがこれが出品者の負担

 

またしてもセラー泣かせの施策?か

これで増収増益となれば問題ないのですが・・・

 

確かにアマゾンポイントが全ての商品に付くとなると

今でも圧倒的販売力を持つプラットフォームだけに

 

どれだけ強力になるか?

 

購入者さんの囲い込み、はたまたプライム会員やキンドル等

期待できるコンテンツをアマゾンは沢山持っていますから

 

まあ、ここはふたを開けてみないと分かりませんが・・・

 

 

ポイント分の負担は購入様へお願いする?

 

これが難しいところですね

1~3%位であればこちらの頑張り次第というところもありますが

 

ポイント競争なんかが始まって

5%とか10%、はたまたそれ以上となると厳しいものがあります

 

自己発送の出品者だと送料とかませて

上手く出来るかもしれませんが

私の場合はFBAオンリーなので・・・

AmazonでFBA販売する理由
皆さんお疲れ様です、キャンサーです。 私は現在ほぼネットで仕入れをして、 アマゾンのFBAを使った販売をしております、 それで改めてFBAを使う意味を書きたいと思います。 AmazonFBAのメリット ・販売と発送というせどりで最も手間が掛かることをしてくれる ・お客さんの対応をカスタマーで代行してくれる (稀にカスタマーから確認が...

 

 

しかし、ポイント導入によってバンバン売れていくような状況になれば

話は変わりますけどね

 

送料の自由化の時も刈り取りなんかしていて

刈り取りとは?
皆さんお疲れ様です、キャンサーです。 既にせどりに取り組まれている方はご存知でしょうか、 初心者の方には耳慣れないかも知れませんので、 刈り取りについて説明しますね、 刈り取りとは? この言葉はあるせどらーの方が使い始めたようで、 アマゾンにおける仕入れ手法の一つです、 ただこれは初心者の方だと、 何を...

 

 

商品自体は激安なんですが

良く見てみると送料がバカ高くなってたり

 

でも、トータルすればこんな値段かな~みたいな

ところもありますし

 

 

さてさてどうなることやら

私は取り敢えず1%で様子を見て

他の出品者の大体の平均的なところにしようと思います

 

場合によっては全体的に値上げせざるを得ないかも知れません

 

 

公正取引委員会の反応は

 

どうやら今はまだ微妙なところの様で

状況によっては

独占禁止法における優位的立場の乱用

に、抵触する可能性があるとの見方で注視していくようです

 

ただ、世界的な企業のアマゾンがいけると判断したという事は

優秀な人材が揃った法務部門や顧問弁護士等が

「問題なし」と決定したんでしょうから・・・

 

従来通り値上げだろうと何だろうとアマゾンが決定したら

出品者側はそれに従うか撤退かの2択ですよね

 

先の話とはいえ、あと3ヶ月程度ですから

この事も頭に入れてせどりをしていくしかないですね

そして吉と出るように皆さん頑張りましょう!

 

 

これが売れました!

ビジネス関係の本は売れるんですが

定価が安いのが多いんですよね

 

 

アマゾンページの下のほうにある

この商品を買った人はこんな商品も買っています

の コーナーもチェックしてみて下さいね!

 

意外な掘り出し物が見つかるかも。

 

 

それでは、また次回です。