刈り取り一覧

キーパ Keepa-Amazon price Trackerの使い方 Part3

 

皆さんお疲れ様です、キャンサーです。

 

無料アプリのキーパについて解説してきましたが

今回で終わらせます(笑

 

とにかく多機能なので全てを完璧にとは

いかないのですが・・

取り敢えず進めますね。

 

 

キーパ下段の説明

 

先ず最新のアップデート時間が

表示されております

 

その隣に

コミュニティのトラッキング:こちらにカーソルを置くと

現在トラッキングしている方の平均価格と人数が表示されます

 

統計:こちらはよく使う機能です

同じくカーソルを置くと様々なデータが

数字で表されます

私は平均ランキングを重視していますね

 

他のロケールと比較:こちらをクリックすると

その他の国のアマゾンの価格が表示されます

私は輸入をしていませんので使いませんが

輸入をしている方には参考になるのでは

 

価格履歴のグラフを共有する:こちらをクリックすると

価格履歴のグラフが表示されてそのリンクも表示されるので

例えばブログとかに張り付ける際には楽かもです

 

詳細な履歴データを表示:こちらをクリックすると

更にもう1つ違うデータのグラフが表示されます

下図のようになります

 

 

これで出品数の推移が確認できます

あとは右側の項目から必要なデータを確認するだけです

 

パート1でのグラフの見方と同様です

下記記事をご参考にして下さい。

キーパ Keepa-Amazon price Trackerの使い方 Part1
皆さんお疲れ様です、キャンサーです。 今回は私のレポートの方でも紹介している キーパについて触れてみます、 無料ツールで高性能ですから 是非導入...

 

 

パート2もありますのでよろしければ

キーパ Keepa-Amazon price Trackerの使い方 Part2
皆さんお疲れ様です、キャンサーです。 前回に引き続きキーパの説明をしていきます、 何せ多機能なのでザックリとしか 解説できないのですが、 取り敢えず書い...

 

 

とりあえずザックリでしたが

こんな感じですね。

 

 

設定は1年間で見ることをおススメします

 

あとはそうですね~

トレンドなどを狙っている方は

わかっていると思いますが

 

それ以外の方は1年間で見た方

・通年通して売れるものなのか?

・時期的に売れているものなのか?

・何かがあって急に売れただけなのか?

(例えば訃報とか引退とかですね)

 

トレンドせどりはとにかくスピードなので

初心者の方には難しいかも知れません

 

トレンド成功して儲けましたとか

よく目にしますが

 

アマゾンでも初回限定とかが

投げ売りされている商品が

沢山ありますよ

 

これは失敗したんだな~とか

思いながら見てますよ

(アマゾン刈り取りからアマゾンへの新品出品は

出来なくなったカテゴリーがありますが)

 

私は初心者の方には

通年通して売れている商品の

 

中古をおススメします(まあ、メディア系ですが)

 

話がそれてしまいましたね

 

それではまとめてみます。

 

 

まとめ

 

扱う商品や人それぞれの考え方で

色々使い道はあると思います

 

ご参考までに私は

・平均ランキングを確認

・アマゾンランキングも確認

・商品によってはモノレートでどのくらいの金額で

 どのくらい売れているか確認

・リサーチして「おっ」と思うものがあれば

 トラッキングしておく

・仕入れたものや売れたものをトラッキングしておく

 

大体この程度しか使っていないですね

 

安物中古の横並び販売なので

モノレートもほとんど見ない

仕入れてしまう事が多いです(笑

 

で、トラッキングしてあるデータが貯まると・・・

 

いわゆる仕入れの半自動化ですね

 

あとはアマゾンで出品されたときに

メールが届きますので

商品の状況を確認して

仕入れ出来るものであれば仕入れするだけです

 

新品だとアマゾンには出品できません

(他に販路があれば問題ないです)

中古は今のところは出来ますので

 

とにかく長くなってしまいましたが

色々触って自分好みの設定にして

使ってみて下さい。

 

最後にキーパもアカウントの停止があります

 

対策として巷で言われているものは

・アカウントは1つで運用する

・登録は1日100件以内

・5000登録を超えると危険

 

まあ、こんな感じですがキーパが公式で発表しているわけでは

ありませんので目安と考えて下さい。

 

折角登録したのにパァにならないように。

 

 

 

これが売れました!

リピート商品です、せどり出来る価格で出品されたらチャンスです。
 

それでは、また次回です。