キーパ Keepa-Amazon price Trackerの使い方 Part2

皆さんお疲れ様です、キャンサーです。

前回に引き続きキーパの説明をしていきます、

何せ多機能なのでザックリとしか

解説できないのですが、

取り敢えず書いていきますね。

上段部分のよく使う機能です

価格履歴:これが今のグラフの表示ですね

商品のトラッキング:これが最も使われているのでは

無いでしょうか?

リサーチしていてこれはいけるのでは、

という商品を探したとします、

下図でいくとアマゾンが2194円で出品しています

今回の規約改定で新品の刈り取りは出来なくなりましたが

中古は問題ないです、

で、自分でこの金額ならせどりが出来ると

思った金額をセットします

ただし送料は別計算ですので

その点を考慮して金額をセットしておきます

1円でも1000円でも構いません任意です

もし、その金額以下で出品がされると

メールで知らせてくれますので

商品状態を確認していけると思えば

仕入れするだけです

半自動化ですね

ここにリストが集まれば集まるほど

それは資産となっていきます

ヤフーのアラートやフリマウォッチみたいな感じですか

しかし、決定的に違う点は

アマゾンで出品されたものなので

商品違いが無いという事です

この点は煩わしくないですよね

次は新機能ですね

Data:グラフを数字で表してくれます

すべてのデータを数字で表示しますので見やすいですね

いい機能だと思います。

他の出品者の出品在庫を確認する方法

設定:こちらは人それぞれだと思いますので

任意で設定して下さい

私はほとんどデフォルトですが、

ただ、下段のアドオンの設定にある

Display product’s stock quantity for some merchants on offer pages

ここを「はい」に設定しています

これは出品者の出品在庫が確認できる機能です

下図は出品者のページですが

価格の下に<b>1点と表示されていますよね

これが出品在庫の数です

まあ、中古はほとんど1~3点くらいですが

30点までしか表示されません

30点以上だと30+という表示になります(確か)

新品とかだとカテゴリーによっては

縦積み販売している方は

これ以上の数の方も珍しくないですけどね

中古メディア系はそんなに縦積みしている方は

いませんので

30点でも十分確認できます。

上記2点はよく使う必須機能だと思いますので

ご活用ください。

使いこなせるといい機能?

関連する商品を探す:こちらはキーパのホームページに飛びます

こちらで商品を探す形ですね、

私はほとんど使ったことはありませんが(笑

トラッキング商品を管理する:こちらもキーパのホームで管理する形ですね

こちらも同上です(笑

どちらにしても

とても無料とは思えない機能ですよね

私は主にトラッキングと出品者在庫の確認を使っています

在庫の確認は新品縦積みされている方

重要ですので

別のグーグルアプリを使っていますね

私もインストールはしていますが

普段は有効にしていません

こちらはそのうち機会があれば

ご紹介しますね。

キーパについては次回で終わりにします

(本当は今回で終わるつもりでした)

思ったより書くことがありました

あ、因みにキーパのパート1はこちらです

皆さんお疲れ様です、キャンサーです。 今回は私のレポートの方でも紹介している キーパについて触れてみます...

パート3はこちらです

皆さんお疲れ様です、キャンサーです。 無料アプリのキーパについて解説してきましたが 今回で終わらせます(笑 ...

よろしければご覧になってください。

これが売れました!

エヴァンゲリオンは色々なカテゴリーでせどり出来ますよ。

それでは、また次回です。

今週の人気記事

まだデータがありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする